出会い系サイトでメル友を作る場合、みなさんが忘れがちになるのが相手の存在です。

どのような事かといいますと、あなたが使うツールがパソコンや携帯電話などの電子機器ということです。
いくらパソコンの画面に向かって文字を打っていたとしても、それを読む相手はあなたと同じ人間ということです。
ですから、メールを書く際には相手がどのように感じるのかを考えてメールを書きましょう。
メールは言葉のようにイントネーションや強弱などによってニュアンスを伝えることはできません。
あなたがどのような気持ちで書いたのか、相手がどのように受け取るのかを考える必要があるのです。
言葉の使い方で、間違った解釈をされないように最新の注意を払って文章を書きましょう。
メル友を作る際に失敗する原因の1つに「焦りすぎ」というものがあります。
信頼関係を構築する前に、メルアドの交換を申し出て音信不通になることがよくあります。
これまでの成果をムダにしないためにも、じっくりと相手とのメールのやり取りに時間をかけましょう。
タイミングを間違えれば、後がないというくらいの慎重さが必要かもしれません。
また出会い系サイトでは、複数の異性とメール交換をすることはマナー違反ではありませんが、名前やメール内容を間違えて送り、相手の女性に他の女性の影を知られるような失敗は禁物です。
最初のうちは用心しているのですが、出会い系に慣れてくるとこのようなイージーミスを犯してしまいます。
メールを書く際には、自分の事ばかり書かずに相手に興味を持っていることも伝えるような文章にしましょう。
女性は自分の話を真剣に聞いてくれる男性に心惹かれるものです。
相手の気持がわからない人には出会い系サイトでメル友を作るのは難しいでしょうね。

出会い系は何故男性だけ有料になるのだろうか

出会い系には、完全無料の出会い系サイトや「有料」出会い系サイトがある。
「有料」出会い系サイトは、男性は有料で女性の場合は無料で使い放題であるケースが大半だ。
どうして女性だけが無料で使えて男性はお金をしはらわなければならないのか。
そんな疑問を持つ男性もいるだろう。
<男女同権>なんて言われている社会なのだから、そういった疑問が出てきても不思議ではない。
女性が優遇されすぎている――そんな不満を持っている男性陣も少なくはないだろう。
けれどもこれは女性だけが優遇されているということではないのだ。
それよりも、男性の都合が良いように女性を優遇する施策をとっていると考えるべきだ。
ご存知のように出会い系は男性会員が断トツに多いのが特徴だ。
にも関わらず女性を「有料」にしてしまうと、ますます男女構成比率はアンバランスになり、出会いが実現しなくなってしまうのだ。
そうなると出会い系サイトの存続そのものが危機に瀕することになってしまい閉鎖に追い込まれてしまうサイトが増えてくるだろう。
そんな事情があるので、女性を無料化しているのだ。
ある意味、男性に出会いを提供するがために女性を無料にしていると考えてよいだろう。
男性ユーザーにとっては納得がいかない部分もあるかもしれない。
けれども、今回説明した内容をしっかりと理解してほしい。